写真やサイズ表記など、商品詳細がしっかりしている店を選ぶ

届いたときにガッカリしないためにも

ネットで洋服を購入する場合、より多くの情報を集めなければ、自宅に届いたものを確認したときに『失敗した』と感じてしまうかもしれません。ネット通販では実物に触れたり着用したりすることはできないので、商品詳細がしっかりとしている店で購入しましょう。まず、写真は数が多いだけではなく、実際にモデルの方が着用した写真が載っていると良いです。そのモデルの方のスリーサイズが掲載されていれば、自身が着用したときにどのような見た目になるのか想像がしやすいでしょう。そして、バストや肩幅などのサイズも詳しく掲載されていなければいけません。商品写真やモデルの着用イメージだけでは、身体に合うのか分からないので、数値としてサイズが載っていることはとても大切です

生地についてもきちんと調べよう

洋服の生地は着心地に大きく影響するので、そちらもきちんと説明しているお店を利用しましょう。『ウール100パーセント』や『ポリエステル70パーセント、レーヨン30パーセント』などの商品詳細の記載があります。生地を取り扱うに当たっての注意点も載っていることがあるので、しっかりと読んでから購入しましょう。なお、スマホ・パソコン画面の調節をしっかりとやっていないと、生地のカラーが画面で見たのと実物では異なる可能性があります。ホワイトだと思って買ったのに薄いクリーム色だったということもあるので、購入前に画面の調節を行っておきましょう。調節できているか心配なら、複数の端末の画面で同じ商品をチェックして見れば、正しいカラーを判断しやすくなります。